大切な家族の一員を守るペット保険|加入してできること

犬

歩行補助に必要

犬

ペットの高齢化が進み犬用の車椅子も一般的になってきています。後ろ足を支えるタイプのものが多く、歩行をサポートする機能があります。自力での取り外しはできないので、必要に応じて飼い主が取り外してやる必要が出てきます。また嫌がることもあるので、少しずつ慣らしていくようにしましょう。

もっと読む

ペットの治療費も高額

獣医

保険はペットにも必要

現在、多くの方がペットを飼っていると思われます。可愛い姿で癒してくれますし、生き物を扱うので子どもの情操教育にも適していると言うことができます。ただ、一つ考えなければいけないことがあります。それは何かというと、ペットも病気をしてしまうことがあるということです。軽い体調不良だけでなく、ガンや椎間板ヘルニアなどの大きな病気を引き起こすことを覚悟して飼わなければいけません。大きな病気を引き起こしてしまえば、検査、手術、通院、薬などで数十万円の費用がかかってしまいます。治療費が安いイメージを持っている方がいるようですが、それは間違った認識だと言わざるを得ません。そこで、高額な治療費に対応できるようにペット保険に加入してください。

補償内容は必ず確認しよう

しかし、ペット保険であれば何でもいいわけではありません。加入する際にどのような補償内容になっているかをしっかり確認して決めてください。手術に費用は適用されるが、通院や入院にかかる費用は適用外となっているケースがあるので気をつけてください。また、補償はいつまで続くかも重要なポイントになります。病気になりやすくなる7歳以降は適用されないものがあります。7歳以降に様々な病気のリスクが高くなるので、終身タイプを選ぶのが望ましいです。さらに歳をとってくると保険料がどのくらい上がるかも見逃せないポイントになります。加入したときは安かったが、年々保険料がアップしていき、他社のペット保険よりも高くなっていたというケースは少なくありません。ペット保険の料金がどう変わっていくかも確認する必要があります。

耳がチャームポイント

小型犬

パピヨンは見た目以上に頭もよく、お手入れもしやすい犬種です。活発な犬なので、室内で飼う場合でも毎日の散歩や軽い運動で遊んであげることでストレスも軽減されます。飼い主に従順で、陽気で人懐こいパピヨンはすぐに家族の人気者になります。

もっと読む

愛くるしい高貴な犬種

イヌ

頭が良く躾やすいシーズーは初めて飼うペットに最適な犬種です。しかし少なからず個体差があるので躾をする際もその子にあった方法で行ってください。お子さんなどと一緒に飼いやすい犬種なので室内犬の中でもかなり初心者向きです。

もっと読む