大切な家族の一員を守るペット保険|加入してできること

飼い主と犬

歩行補助に必要

犬

近年はペットの高齢化も進んできており、家庭での存在感も増してきています。そのため、足が不自由になった犬のための車椅子も登場してきました。犬用の車椅子の特徴は、歩行の補助に用いるということです。人間用のもののように歩かなくてすむというわけではありません。犬は老化すると後ろ足から筋力が落ちてきます。ヘルニアなどで歩けなくなるときも後ろ足からという場合が多いです。そのため、後ろ足をサポートする形のものが多いです。歩きにくくなることで歩かせずそのままにしておくとどんどん体全体の筋力が衰えてしまいます。ストレスもたまりやすく生活の質はどんどん落ちていってしまうので、車椅子を使い歩行をサポートすることで歩行のトレーニングとなりストレスを解消する効果も期待できます。

犬用の車椅子について知っておくべきなのが、必要なとき以外ははずさなければならないということです。つけたままでは伏せたり寝たりできないので、必要に応じて飼い主が外してやらなければなりません。また、犬にもいろいろな性格の犬がいるので、すぐ車椅子になじんでくれる子とそうでない子がいます。警戒心が強いタイプや臆病なタイプは乗せても固まったままのこともあります。そのようなときに無理にリードを引っ張ったり長時間練習させたりしかりつけたりするのは逆効果です。最初は短時間のせて、のってくれたらたくさんほめてあげましょう。少しずつ時間をのばしていくと慣れていってくれます。自分のペットにあうかわからないときはレンタルという手もあります。